おせちを買う理由。

早いもので、今年ももうすぐそんな季節です。
クリスマスが過ぎれば、あっという間にお正月ですな。

 

どうも。おはようございます。
ほめるプロモーション(ほめプロ)の仕掛人・オオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

今日はおせちの話。

我が家では昔からおせちは手作りと決まっています。
大晦日の朝から親戚一同が集まり、母や祖母が中心となって手分けをして調理をします。
そして、各家庭分に割り振って・・・という作業を一日かけて行います。

それが大晦日の風物詩といえるものでした。

 

ちなみに今年はおせちを作りません。

買うことにしました。

山のせの「とんかつおせち」。

23000円ということで、決してお安い買い物ではありませんが、
来年のお正月に食べるおせちはこれに決めました。

 

なぜ、山のせのおせちを買うのか?

日頃お世話になっているというのもありますが、
一番の理由は山かつのとんかつが食べられるから。

大晦日にとんかつ、お正月におせち、と二度楽しめるわけですね。

 

 

おせちって結構高いんです。

ましてや、今まで買うことのなかった我が家のように、
「今年は買おうかしら?」客を取り込むにはそれ相応の理由が必要です。

山のせは「とんかつ」・・・という風にね。

 

12月に入り、おせちの宣伝合戦が落ち着いてきたように思います。

それでもぼちぼち見かける「おせち」の文字。

 

くら寿司のおせち。

 

うん、これはまだ理由が分かる。

何故か?くら寿司だから。

たぶん、親戚一同が集まって、お寿司と一緒におせち・・・っていう狙いなんでしょう。

買う理由は理解できる。

 

 

ヤマダ電機のおせち。

当然ですが、ヤマダ電機が製造しているわけではありませんが。

これは買う理由が分からない。

「よーし、ヤマダ電機で携帯を買い替えたので、ついでにおせちも予約しておこう!」
とはならないかなー。

ヤマダポイントが使えても買う理由にはならないはず。

 

ジャパネットたかたのおせち。

もはやここでおせちを購入するイメージが湧かない。

そしてお得意の「値引き」。

「こだわり」って言われても、買う理由にはならないかなー。

「今なら数量限定で、こちらのホームビデオも付いてきます!」って言われても困るしなー。

 

 

商品を購入するには「理由」が必要なんです。

ましてや、おせちなんていう単価の高いものにはなおさら。

 

 

Amazon限定の「タワーおせち」

お値段なんと 20万円。

これは確実に話題づくり。

ひな人形か思たわwww

まあ、インスタ映えしそうやからセーフ。

 

2012年に限定3個で発売した髙島屋の創業180周年記念おせち。

 

お値段なんと1890万円www

 

 

話題づくりにしては高すぎる・・・。

 

誰が買うねんwww

 

 

 

買うには「理由」が必要だ。