【ほめ達】検定1級に合格!ついに合格!

と、そのお知らせが届いたのが12月21日のこと。

少し早いクリスマスプレゼントになった。
そして一年を最高の形で締めくくる、最幸のプレゼントになった。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

2018年11月30日(金)に受検してきた「ほめ達!」検定の1級。

既に3級と2級は取得しており、今回が1年ぶりの検定。


▲ちなみにほめ達検定は3級と2級を取得済

「ほめる達人」という生き方を目指していきたい私にとって
1級は待ちに待ち望んだ受検。

何よりも「ほめるプロモーション」を提唱している私からすれば、
学び続けることに意味があるのだろうし。

ほめるプロモーション。

 

 

「ほめ達!」との出会い

私が「ほめ達!」に初めて出会ったのは、今から2年前のこと。

<日創研 徳島経営研究会 2016年11月特別セミナー ほめ達が人と組織を活性化! ~あなたの周りにはダイヤの原石がいっぱい~ ほめ達 創始者 西村貴好氏>

 

この講演を聴いて鳥肌が立ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

「ほめる」かぁ~。
こういう生き方もあるのかぁ~。

 

と。
そして何故だかこの講演を聴いた後は清々しく、気持ちがいい気分になれたのです。
これが「心のお風呂に浸かる」と言われる由縁なのでしょう。

一般社団法人 日本ほめる達人協会の西村貴好理事長も
自身のブログの中でこのように表現している。

心の垢、落としてますか?

最後にお風呂に入ったのは、いつですか?
あるいは、最後に体を洗ったのはいつですか?

この質問に対して、
えーっと、いつだったかなぁ、ちょっと思い出せない、
と答える人はいないと思います。
おそらく、昨日とか、今朝もシャワーを浴びてきた、
と答えられると思います。

ところが、
最後に心のお風呂に入ったのはいつですか。
心の垢を洗い流したのはいつですか。
と聞かれて、即答できる人もまた少ないと思います。

身体の垢は毎日のように落とすのに、
心の垢は、溜めたままでいいのでしょうか。

ほめ達!検定は、心のお風呂に入るようなもの。
ほめ達!温泉は、効能豊かで心からあったまり、
ほっこりします。
湯冷めもしにくいのですが、
どれほど良い温泉でも、
やがて生活しているうちに垢はやっぱりたまってきます。

身体の垢は、お風呂で落とし、
心の垢は、言葉で落とす。

一般社団法人日本ほめる達人協会 代表理事・西村貴好 オフィシャルブログより引用

 

こんな生き方をしていきたいと思い、
「ほめ達!」を学びたいと思ったきっかけだった。

 

私が尊敬する経営者の一人でもある西村博さんが学ばれていることも
それもまた私が「ほめ達!」を学んでいく要因となった出来事だったのかもしれない。

心のお風呂に浸かる。

西村博さんも「ほめ達」のセミナーや講演などを数多く行っている。

 

 

いざ1級を受検

いざ1級を受検するとなれば、
緊張感も雰囲気も何もかもが今までの3級や2級と異なる。

ほめ達!検定の階級構造

  • 3級:合格者数 44,000人(体験者)
  • 2級:合格者数 4,400人(共感者)
  • 1級:合格者数 420人(実践者)

 

この他にも257名の認定講師(体現者)と呼ばれる人たちもいるのだが、
検定としてはこの3階級。

3級はまず「ほめ達!」に触れるという意味でも「体験者」といわれる。
それを踏まえて、「ほめ達!」という考え方に共感してもらえる人たちが2級に進む。
これが「共感者」といわれる存在。

そして1級は「実践者」といわれる。
「ほめ達!」と出逢い、今までの中でどのような実践を行ってきたのか、
それを発表・報告する場でもあるのだ。

 

ほめる達人としての「知識」「考え方」「プレゼンテーション能力」を問う

試験内容のそれはそれは濃いこと。

  • 筆記試験
  • 論文
  • 面接
  • スピーチ

 

と、この盛りだくさんの内容。
面接やスピーチでは、「ほめ達!」と出会ってから今に至るまでに、
どのような「ほめ達!」としての感動体験があったのか、どう実践してきたのか、
思う存分伝えてきた。

 

祝!1級合格!

受検から1か月後。
クリスマス差し迫る年の瀬のこの日。

わーい\(^o^)/
わーい\(^o^)/

ばんざーい\(^o^)/
ばんざーい\(^o^)/

 

筆記試験の出来に自信が無かっただけに、
この結果は嬉しいというよりも、意外なものだった。

合格ラインにギリギリで合格するところが私らしいでしょwww

 

ちなみに認定証と認定カードが1か月後に送られてくるのですが、
認定カードに載せる顔写真を検定事務局に送った時の返事が返ってきたんだけど、
これがまたシアワセ体験になったのですよ。

太田 匡訓 様

お世話になります。
日本ほめる達人協会 事務局でございます。

確かにお写真、拝受いたしました。
素敵なお写真をお送りいただきましてありがとうございます。

なお認定証と認定カードは、年明け以降より順次発送となります。
お待たせいたしますが、何卒ご了承下さい。

ご不明な点やご質問などございましたらいつでもお問合せください。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人 日本ほめる達人協会 事務局

 

「素敵な写真」だって。

さすが「ほめ達!」。

 

 

2019年、1級合格者としてというよりも、
いや。「ほめ達!」の実践者として、ほめるコミュニケーションの実践をさらに深め、
仕事に家庭に、自分自身の成長に生かしていきたいと思う!