サンタさんへ。斜め上をいく クセが強いお手紙を捧げる。

サンタさんへ 今年一年良い子にしていたので、
○○○をください。お願いします

 

サンタクロースの存在を信じる子どもたちの
熱意のこもったお手紙に、クリスマスムードが盛り上がる。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

欲しいもの

 

と書いた小学校6年生を最後にサンタクロースが来ません。
金額設定をしておけばよかったのか?少し曖昧な「現金」という枠組みになったのか?

 

いずれにせよ、我が家にはここ20年ほどサンタクロースが現れません。

きっと忙しいのでしょう。

 

 

サンタクロースは「ブラック企業」ともいえる激務の連続

サンタクロースは12月になれば忙しくなる

 

と、思っちゃいないかい?
トンデモナイ。そんなことはあり得ない。

 

サンタクロースの年間スケジュール

特に12月上旬に集中する実発注。

これがいわゆる「サンタクロースへのお手紙」なのだ。

 

Twitterで見かけた斜めをいく「サンタクロースへのお手紙」

一年間の労をねぎらう

 

ついに正体がバレてしまったのか

 

人間は欲張るとこうなる

 

どこに吊ってんねん

 

前置きが必死すぎる

ダウンロードする暇はあるのだろうか

 

日時、金額指定のうえ

 

ひょっとして、みんなはどんな手紙を書いたのかな?