さかもと坂道マラソン完走レポート。

上り坂はゆっくりと。
下り坂はあっという間に。

そう。まるで人生のように。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

来年のとくしまマラソンに向けての前哨戦(?)ではないが、
年内最後のレースで走ってきた。

さかもと坂道マラソン
https://saka-mara.run/

 

 

舞台はみかんが薫る里・勝浦町坂本地区

 

徳島県内の方ならご存知かと思うが、
県外の方であればあまり馴染みはないかもね。

徳島県内の山あいにある勝浦町。

県内有数のみかんの生産地としても有名。

 

そんな自然豊かな町で繰り広げられるレース。

ただのマラソンではない。

 

ホームページにこう書いてある。

 

なんと。

 

そう。そして、このマラソンのことを称してこういう。

 

 

本当の凄さは目の当たりにして気付く。

 

 

 

山!!

 

山!!

 

そして山!!

 

 

設定コースは4部門あり、私が走るコースは最長の9.8km。

驚くなかれ。高低差224mという変態っぷり。

 

やるしかないでしょ。ドMなんだから。

 

 

スタート → 上り → 下り → 急な上り → ゆるやかな下り →・・・

 

そして上り → 急な下り → 上り → 下り →・・・

の繰り返し。

ひたすらにみかん畑の中を縫うようにして上り。

 

ここが最高到達点。

 

抜群の眺め。マラソンじゃなかったら、ずっと眺めていたい。

 

 

肺は悲鳴をあげ、太ももは泣き叫んだ。

本当に本当だった。

 

 

上り坂は走ることが出来ない。
酷いところなんて傾斜角度が30度近くあるんじゃないか。と。

上り坂はゆっくりと。

 

その分で下り坂で一気に駆け降りる。

下り坂はあっという間に。

 

まるで人生の縮図のように。

 

 

無事完走。

 

終わった後のこの晴れやかな笑顔な。

 

ゴールしてすぐにもらえる完走証。
すぐにもらえることで達成感も感じる。

 

最終タイム:1時間22分16秒

 

ちなみにスマホアプリのRuntasticで計測していた数値。

最大速度24.8km/h

 

おそらく下り坂の時に一気に出たスピードなのだが、
なんとこのスピード、マラソンの世界記録より速い。

リオデジャネイロ五輪のマラソン金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)。
彼が今年のベルリンマラソンで2時間1分39秒という世界記録を出したのだが、
この平均速度より速いのだwwwww

 

まぁ記録はどうでもいいとして。

 

 

走ることの楽しさを実感

 

走ることの楽しさを実感できた大会だった。
いや、本当に楽しかった。来年もあれば是非参加したいと思うほど。

いまだかつてこんなことがあっただろうか?

 

小さい頃から走ることがあまり得意ではなく。(かといって苦手でもなく)
運動会で男子8人のリレー選手を選ぶ際も、クラス20人中12位という微妙なポジション。

中学1年生の頃に叩き出した50m7秒2という、
オオタマサノリ史上最大の奇跡が絶頂のピーク。

走ることから遠ざかっていた。

 

駆け抜けた38.9km。

そんな私が初めて出場したフルマラソンは、見事に途中でタイムアウト。

 

先月もハーフマラソンを無事完走できたのだが、その時もずっと思っていたことがある。

 

 

って。

 

結局今回も答えは出なかったけど、
記録にこだわらずに楽しもうと思えたから、楽しむことが出来た。

町の人のぬくもりに触れることが出来た。

 

勝浦町バンザイ\(^o^)/

 

さかもと坂道マラソンバンザイ\(^o^)/

 

休憩スペースのみかんは食べ放題だし、

 

みかんを使ったお菓子も食べ放題。

 

ポカリスエットも飲み放題。

 

参加賞でもみかん(1kg)や温泉の宿泊券をくれる太っ腹ぶり。

 

 

あ、ちなみに会場ではこんな缶バッジも販売していて、
ガチャガチャじゃないと手に入らないので、2,000円近く注ぎ込むハメにwwwww

 

 

また来年も参加しよ。