点が「ある」のと「ない」のと。

あ、点がある方で・・・。

 

これはもうかなりの割合で口癖。

でも間違えられるという悲劇。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

この際覚えてください。

私は点が「ある」方です。

 

 

名前に引き続き、今度は苗字のあるある

 

以前、生まれてこの方一度も正確に読んでもらったことのない
私の難読な名前について紹介した。

自分の名前を説明する時、どうする?

こんなもん、普通に読めんわな。

それは仕方ない。

 

今回は苗字。

 

大田さん、ありがとうございます。

 

えーっと。ごめんね。

私は点が「ある」方なの。

 

こっちね。

 

「ヤマサキ」さん「ヤマザキ」さんとか、
「クワハラ」さん「クワバラ」さんとか、

読み取りで間違えるのは・・・まぁ仕方無いんだろうけど。

書き取りで間違えられると跡に残るから結構ショック。

 

 

「太田」と「大田」 何が違うねん

 

大事なことなのでもう一度言うておきます。

私は点が「ある」方です。

 

何が(誰が)「太田」で「大田」なのか。
区別はこちらのブログに書かれているそうなのですが、、、

あの人、あの場所は「大田」なのか「太田」なのか

 

なんだか「太田」には秘められた歴史があるそうで。

太田さんのルーツを探せ!

 

ちなみに

全国人口 4万5,700人(全国順位446位)

 

に対して、

 

全国人口 31万2,000人(全国順位43位)

 

圧倒的にうちらの方が多いねん。

 

 

だからお願い。

点が「ある」方。

この際だから覚えていって。