人がモノを買う3つの理由。

今まで散々のように「買う買う」言って、
「いつかは・・・」と引っ張ってきましたが、

さすがに今回ばかりはヤバいと思ったので、買うことにしました。

 

非  常  用  防  災  袋

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

昨日の朝起こった大阪北部での大きな地震。

被害の大きかった大阪市の北区や東淀川区、そして吹田市などで
10年間暮らしてきた私にとっては、正直言って他人事では済まない出来事でした。

そして今まで経験したことのない大きな揺れが襲ったことに驚きでした。

 

 

 

 

さすがにこれは買わんとあかんやろ・・・。

 

 

 

 

非常用の防災袋を購入しました。

 

 

 

今まで「まぁそのうち・・・」とか「いずれは要るよねー」とか言うてたけど、
さすがに今回ばかりは購入せなあかんと改めて感じました。

 

 

人がモノを買う3つの理由

ここで重要なのは人がモノを買う3つの理由。
人はどんな時にモノを買うのか。購入の動機付けになるのだろうか。

 

1.人は「痛みから逃れたいがため」にモノを買う

当然ですが、人は痛みだけは避けたいものです。
痛みを知ってありがたみを知るともよく言われます。

飢えと空腹で命の危険性を感じる状態(痛み)に、おむすびが転がっていたらどうでしょう?

これを手に入れなければこうなっちゃうかも!

と言われてしまえば、買わざるをえません。

お客様の「不」を解消するということも同様のことです。

 

2.人は「快楽を得たいがため」にモノを買う

そして出来ることならば、人は快楽を得たいもの。
当然ですよね。痛い思いをするくらいなら、快い思いをしたいものです。

これを手に入れることで、あなたもこのようになります!

と、プラスのイメージを与えておけば、
人はそうなりたいために購入という行動を示す。

 

3.人は「時間を短縮したいがため」にモノを買う

人間は基本的に怠け者な生き物。
放っておくと、楽をしよう楽をしようとする。

そしてその商品やサービスによって劇的に時間が短縮出来たらどうだろう?

この高機能な家電ロボットによって、今までの家事にかかる時間は10分の1以下に!

こんなことを言われたら興味が湧きますよね!
まさにその通り、見事に動機付けされました。

 

 

何故今まで先延ばしにしてきた防災袋を買うことになったのか。

今回は上の「1.痛み」でしょうね。

 

徳島市内でも震度3の揺れを観測しましたが、
揺れている最中、何もすることができず、ただ立ち尽くすだけでした。

あまりの無力さを感じてしまったのです。

一番近い大阪という場所で起こった出来事だけに、
自分自身の無力さが故の「痛み」だけは回避したいなと思ったわけなんですね。

 

 

いや、本当に防災袋だけは備えておいた方がいい。