メディア出演|100周年の勢いは止まらない!

またもや弊社が携わったパッケージと、その商品が、
公共の電波に乗って、お茶の間に拡散されました!!

ケーブルテレビとはいえ、スゴイ!!

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

100周年の勢いは侮るなかれ。

昨年パッケージ制作に携わった鳴門西ライオンズクラブ[第九せんべい]。

 

昨年発売開始し、積極的なメディアプロデュースの結果、

新聞は 日本経済新聞 と 読売新聞 の二紙に取り上げられたほか、

今年の2月には NHK でも取材をしていただきました!

 

パッケージが知らないところで拡散する。

 

そして今回、地元・鳴門市のケーブルテレビ局「テレビ鳴門」
またもや取り上げられることとなりました!!

しかも今回は[第九せんべい]商品にスポットを当てた特集。

 

 

 

 

すげえぇぇーっ!!!

 

まるで[第九せんべい]のTVコマーシャルのようだwww

 

まぁ、とは言っても、このケーブルテレビの出演も
弊社が何をしたというわけではないんですがwww

 

あくまでも広報支援が私たちの仕事

先日、三恭紙器の山本陽一さんがFacebookにこんなコメントを寄せてくれました。

私たちの仕事は、お客様の代わりに広報業務を代行すること・・・ではありません。
あくまでも広報活動を「支援」することが最大の役目だと私は思います。

中小零細企業、とりわけ徳島という地方都市では、
自社に広報部門を置けるようなそんな会社はなかなかありません。

自社の広報活動なんて、ままならないような会社ばかりだと感じています。

 

そんな中で、しっかりと「広報の必要性」を伝えていくためには、
弊社が「やる」のではなく、顧客に「やってもらう」ように「支援」することが
最大のポイントだと思っています。

 

今回の[第九せんべい]なんて、まさにその典型例。

弊社がメディアプロデュースをしたのは最初だけ。
あとは、鳴門西ライオンズクラブの木村正美会長はじめ、みなさまの努力の結果だと思っています。

 

この[第九せんべい]という商品と、そのパッケージを通じて、
この商品の広報活動を最大限に支援し、もっともっと多くの方に知ってもらうことが、
私の強い願いです。