さあ、パッケージ屋の出番です。

私が生まれるずっとずっと、さらにその昔。
今から53年前1965年のお話。

東京オリンピックが終わり、世界ではベトナム戦争が開戦した年。

この年生まれ、今も根強く残るヒット商品といえば
大塚製薬の「オロナミンC」や、森永製菓の「チョコボール」が代表例。

そんな歴史あふれる「オロナミンC」「チョコボール」に、
ある日突然商品の名称を新しいものに変えてください!と言われたら。。。

さあ、あなたならどうする?

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

愛知県碧南市に本社を持つ小笠原製粉株式会社という
小麦粉の製造とその関連商品を製造販売している会社がある。

主に業務用の小麦粉などを製造販売しているのだが、
家庭用で長年愛されるロングセラー商品がある。

 

その名も キリンラーメン

愛知県三河地方を代表するご当地ラーメンとしても有名である。

 

このパッケージよ、なんと時代を感じるものか。

 

キリンラーメンが誕生したのは、まだ日本で即席ラーメンが珍しかったころ。
冒頭でも触れた「オロナミンC」「チョコボール」と同い年の1965年。

名前には「キリンの長い首のように末永く愛される商品に」
という、割と安易な願いが込められている。

1975年には年間130万食を販売したものの、その後は大手メーカーとの競争が激化。
1998年に惜しまれつつも販売中止になったが、復活を望む声が後を絶たず、
2003年に地域限定で復活。完売が相次いだことから2010年に完全復活した。

 

そんな歴史あるロングセラー商品が、

 

な、な、なんと!

 

商品名称を一新するのだそうな。

 

 

名称を変更する理由は「大人の事情」だそうでwww
(本当は飲料大手「キリン」と商標権を巡りトラブルになっていたとか、なっていないとかwww)

 

 

いずれにせよ、50年以上愛され続けたロングセラー商品の名前が変わるのだ。

▼詳細は小笠原製粉ホームページより▼

「キリンラーメン」シリーズの新名称募集

 

 

さて、ここはパッケージ屋の出番です

現在に至るまで、パッケージのデザインや手配だけでなく、
商品のネーミングや入数、いわゆる商品開発の根幹から携わってきた我らがパケマツ。

さあ、ここはパッケージ屋の出番です。

名称だけでなく外装まで変える提案をしてみたい。

また勝手に企画書を作って勝手に送り付けたろうかなwww

 

何がいいだろうか?

 

「首は伸ばしても麺は伸ばしちゃいけないラーメン」

 

うーん。ボツ。

 

「長頸鹿麺」

(キリンを中国語でいうと「長頸鹿」だからwww)

うーん。ボツ。

 

 

こっちで決まったら早速送り付けてみようかしらwww

 

 

 

▼参考動画「キリンラーメン」ミュージックビデオ▼