友達の友達は、友達。

「ご縁」という言葉が好きな私です。

待っていても、向こうから「ご縁」がやって来るわけではないので、
自分から掴み取りにいくもんやなって思います。

関わりによって「ご縁」が深化する

 

うん。ええこと言うた。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

「友達の友達が、友達」だとか、
「誰かと誰かが繋がってた」なんていう話、よく耳にするのですが、、、

あれは実は科学的な根拠があるのです。

 

 

「6次の隔たり」のご縁

要するに人を6ステップ辿っていけば、目的の人物に繋がるというもの。

要はこういうヤツ。

 

全世界の平均で、人間は一人につき44人の知り合いを持っているとされています。

もちろんそれより多いこともあれば、少ないこともあるのですが。

 

つまり、誰か一人と知り合えば、44人と知り合いになることができるのです。

さらにその44人から、それぞれの44人と知り合いになることができ、
44×44=1936人と知り合いになる可能性があります。

さらにその1936人から、44人と・・・という風に、
6回繰り返して、44×44×44×44×44×44×44=7,256,313,856人。

 

つまりこの時点で世界人口の70億人を超えているわけですよね。

 

つまり、6回たどれば、たどり着くという結論なんですよねー。

 

ちなみに日本に限定していえば、5回のステップ以内でたどり着く計算になるのね。

 

 

Facebookでは○次の隔たり?

ちなみにFacebookの全世界のユーザーの平均の友人の数は110人。

同じかけていくと110の4.6乗のところで世界人口を超えてしまう。

リアルでは「6次の隔たり」と言われているが、
SNSの世界では「4.6の隔たり」と言ってもおかしくないんだってね!