ネットがざわついた!食べる○○。

数年前にムーブメントを巻き起こした「食べる○○」シリーズ。

一番の大ヒットは「食べるラー油」。

その後も「食べる醤油」「食べる酢」「食べるオリーブオイル」など、
次々と「食べる○○」シリーズがこの世に現れたことは記憶に新しい。

そんな「食べる○○」シリーズでセンセーショナルな商品が登場した。
そして、当然ながらネットがざわついた。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

今年の3月27日に明治から発売された、衝撃の新商品。

 

 

その名も「禁断の食べるはちみつ」

 

そもそも、今まで世間を賑わせてきた「食べる○○」シリーズといえば、
「ラー油」「醤油」「オリーブオイル」など、そもそも単体としては食べないもの。
いや、むしろそのまま食べ難いといえるもの。

 

はちみつ!?

 

それよりも気になるキャッチ―なネーミング。

気になって仕方がない!

 

 

「禁断の食べるはちみつ」を食べてみた

いまや話題沸騰ということで、ひょっとすると手に入らないんじゃないか・・・
と、思ったのですが、意外と簡単に手に入りました。しかも徒歩3分の近所のコンビニで。

見た目はプリンかヨーグルトのような感じ。
ちなみにコンビニの売り場もプリンやヨーグルトと隣り合わせで陳列されています。

 

気になるのはその中身。

 

禁断のフタ、いざオープン!!

 

 

・・・。

 

なんだこれ。

ほのかに香るはちみつの甘い香り。
見た目は完全にゼリー。

パッケージに書いてある「とろ~り感」は今のところ感じられません。

 

職業病ですが、一応、一括表示も見ておきましょう。

アレルギー該当物質:ゼラチンwwww

 

なるほど。やっぱり正体はゼリーなのね。

 

いざ実食。

 

 

スプーンの滑り方が衝撃的。

ゼリーのように硬くもなく、かといってクリームのように柔らかくもない。

なんという絶妙な粘度。

 

味はというと、なんともいえぬ個性的な味。

レモンの風味が、とは言うものの、インパクトは終始はちみつwwww

 

内容量180グラム。

さすがに全部そのまま食べるとしんどいwww

 

 

禁断のレシピを考えてみた

と、いうことで、さすがに全部そのまま食べるのはしんどいので、
あるあるですがこんな使い方をしてみた。

禁断の食べるはちみつ×バタートースト

 

うん。これはうまい。

バターの塩加減とはちみつの甘さが絶妙。

 

ひょっとすると「禁断のトーストに塗るはちみつ」でもよかったんちゃうか・・・。

と、思ったものの、「トーストに塗るはちみつ」では定番すぎるかwww

 

 

ネットの反応はかなりざわついているようで・・・

とはいえ、こんな衝撃的なスイーツ、まさに名前のとおり「禁断」過ぎるようで、
なによりも賛否両論と味の好みが真っ二つに分かれているそうです。

 

 

カブトムシゼリーだとか、かなり不味いだとかネット上では評判ですが、、、

 

ま、気になる人は食べてみ。

食べたらわかるwwwww