ぼくのしょうらいのゆめ。

さて今日で3月も終わり。明日から4月です。

学校を卒業して、新たな世界へスタートする人。
新しい環境で門出を迎える人。
入学、入社、異動。 新入生、新社会人。

 

みんなみんな、おめでとう!

 

みんなみんな、夢に向かって!

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

春は新しい季節。

将来の夢や目標に向かってステップアップする季節なのかなって思います。

 

みなさんの将来の夢はなんですか?

どんな目標を持っていますか?

 

31歳のおじさんにも夢があります。

 

「ユーチューバーになりたい!」

 

という夢。

どう?ね?現実的でしょ?wwwww

 

 

振り返ってみれば、私、オオタは同じような夢を追いかけて
31年間の人生を生きてきたのかもしれません。

 

 

 

物心ついて初めて「ぼくのしょうらいのゆめ」を強く思った4歳の時。

時はトレンディドラマがブーム真っ只中のニッポン。

「芸能人になりたい!」

 

当時、トレンディ俳優に憧れ、江口洋介に強く憧れていたことを覚えています。

 

 

そして保育園を卒園。

卒園式の時に「マサノリ君の将来の夢は何ですか?」と問われて一言。

「タレントになりたい!」

 

江口洋介に憧れていた保育園児は中山美穂と結婚することを考えていたそうです。

 

 

小学校に入学し、テレビや音楽の影響を受け始めたころ。

8歳だったでしょうか。ついに私も決心したのですね。

「ジャニーズに入りたい!」

 

結局気が付いたんです。「バック転ができない」ことに・・・。

 

 

小学校も高学年になり、本格的に将来のことを考えていた私。

当時、手前味噌な話ですが、クラスでも人気者だったオオタ少年の将来の夢は。

「吉本興業に入ってお笑い芸人になりたい!」

 

休み時間に一人でネタ帳をずっと書いていたそうです。

 

 

私立の中高一貫の進学校に入学し、お勉強の毎日。

中学2年生のある日、とんでもない憧れを抱きました。

「モーニング娘。のオーディションを受ける!」

 

残念ながら性別の都合上、無理だったことが判明しました。

 

 

高校卒業を控え、進路に悩むオオタ少年。

万が一、大学受験に失敗した時のことを考えて出した策とは・・・。

「吉本興業の芸人養成学校(NSC)に入学する!」

 

願書まで取り寄せましたが、大学に受かったので諦めました。

 

 

大学に入学し、将来の夢がちゃんと固まりました。

1年生の時に出会った落語家・桂文枝(当時:三枝)客員教授の授業で「将来の夢は?」と問われて、

「フジテレビのアナウンサーになります!」

 

「めざましテレビの担当をします!」とまで言ったそうです。

 

 

そして大学卒業を控え、就職が決まっていた私です。

でも当時の親友と夜中遅くまで語った将来の夢。

「一緒にM-1に出よう! お笑いでてっぺん目指そう!」

 

断られたらR-1の方に出るつもりだったそうです。

 

 

 

 

あれから月日は流れ、もうすぐ10年。

「ユーチューバーになりたい!」と言う31歳。

 

 

根本的なところは何も変わっていないそうですね。

結局はタレント気取りの目立ちたがり屋さん。

 

 

パケマツはタレント集団なので、ある意味で夢が叶っているのかもしれませんな。

 

 

 

門出を迎える、みなさんの将来の夢に幸あれ!