駆け抜けた38.9km。

人生で初めての大きな挑戦は、
結果として人生で一番悔しい結果になりました。

さて、この結果をどう捉えるか。

今日からまたこの悔しさをバネに生きていく日々がスタートしました。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

雲ひとつない快晴の徳島。

 

とくしまマラソン2018開催!

 

 

 

 

 

私も生まれて初めてのフルマラソン挑戦。

堂々とスタートラインに立ちました!

 

 

思えば、小さいころからずっと運動は苦手で、走るのも遅く、
スポーツだけでなく、本当にいろんなことをやっては長続きしない私でした。

何をやっても中途半端。

何をやっても一番になれない自分。

そんな自分を変えたくてチャレンジしました。

 

こんな私でもできるっていうところを見せたい。

 

いざスタートです。

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・と、なかなか本番のペースをつかむことが出来ず。

序盤はかなり遅いスタートでした。

 

なんだろう、本番独特の雰囲気?

体が全然前へ進まない。

 

5km終わった時点で練習で走ったタイムよりも大幅な遅れ。

これもある意味ウェーブスタートを考慮に入れてなかった結果ですね。

 

 

それでも沿道では多くの人が声をあげて応援してくれました。

 

人生でこれだけ「がんばれ~がんばれ~」って言われることって
なかなか経験できないですよね。

 

妻のママ友さんが沿道で私の走りを撮影してくれました。

 

ちなみにこれは5km地点。

まだまだ元気そうですね。

 

 

 

11km地点の第2関門・名田橋北詰から、
16.9km地点の第3関門・六条大橋北詰まで約6kmもの間、
給水ポイントがないというなかなか地獄の条件。

15kmを過ぎて一気にペースが落ち、
21km過ぎ、折り返し地点の西条大橋北詰では心が折れそうになった。

いつまで経っても折り返し地点が見つからないwww

魔の西条大橋南詰の第4関門を、わずか15分という貯金で通過。

あとは時間との勝負ですよ。

 

第5関門・六条大橋南詰はギリギリ。

第6関門・名田橋南詰にいたっては、関門閉鎖残り1秒で切り抜けるギリギリ。

 

そしてついに第7関門。
距離にして38.9km地点。弁天橋南詰。

 

目の前で関門が閉鎖されるという屈辱の結果。

時間にして30秒足らず、タイムアウトとなってしまいました。

 

 

完走を目標にしていただけに、あまりにも悔しい結果。

距離にしてあと3kmと少し。

 

 

完走できませんでした。

応援してくださったみなさん、期待に応えられず申し訳なかったです!

 

 

いや、よく頑張った!

39kmも走るなんてスゴイ!

と、このような声もいただきました。ありがとうございます。

 

ただ、走っている本人からすると「悔しい」の一言だけ。

 

39kmを走る力はあったのかもしれませんが、
残り3kmを走る実力がなかったと言わざるをえませんね。

 

来年へリベンジです。

この悔しい結果をバネにして来年の「とくしまマラソン2019」
必ずエントリーして完走してみせます!