パッケージが親子をつなぐ。

最初に申しておきます。

今日のブログの内容はあくまでも「理想」の姿。

今日明日に実現できる内容ではありませんが、
近い将来で絶対に実現させたいカタチです。

 

どうも。おはようございます。
パケマツ広報部のオオタマサノリです。
今日もありがとうございます。

 

パケマツにセミナールームパッケージミュージアムが出来ました。

※詳細は過去のブログ投稿を参照。

堂々完成!これがパケマツワールドだ!

2017年12月21日投稿 『堂々完成!これがパケマツワールドだ!』

 

さて、今年一年間、この部屋でどんなセミナーをしようか。
ボスにどんな内容で喋ってもらおうか画策中のオオタです。
(今年一年間、セミナーの企画と運営をしっかり責任持って私がやろうと思います)

 

ところで、セミナーといえば、
昨年ウチのボスが熊本県の人吉っていうところで講演した時の話。

<熊本の南陵高等学校は先生も生徒も熱かった!ボクも熱血講師がんばってきました!>

2017年12月9日投稿
『熊本の南陵高等学校は先生も生徒も熱かった!ボクも熱血講師がんばってきました!』

<熊本県立南陵高等学校の生徒さんから授業のアンケートを頂きました!>

2017年12月13日投稿
『熊本県立南陵高等学校の生徒さんから授業のアンケートを頂きました!』

 

普段は経営者や経営幹部の方、あるいは一般の事業者や社会人向けに話をすることが多いボス。

 

まさか高校生相手に講演をするようになるなんて。

 

と、いうのが率直な印象。

 

また、いま四国大学の知賀よしみさんが
「社長のかばん持ち」という企画でパケマツに来ていますが、、、

<四国大学の社長のかばん持ちが始まります。今回もいいご縁になりますように!>

2017年12月24日投稿
『四国大学の社長のかばん持ちが始まります。今回もいいご縁になりますように!』

 

この企画自体もウチのボスが自ら手を挙げて参画したのだそう。

 

「仕事ってこんなに楽しいんだよ」

「大人になるってこんなにワクワクすることなんだよ」

こんな想いを学生や、これからの将来を担う子供たちに伝えたいんだそうです。

 

私は思うのです。

子供たちに「夢を語ること」こそが、大人にとっての最大の責任だと。

 

前置きが長くなりましたが、

子供たちに想いを伝えるセミナーをやりたいなって思っています。

 

夏休み特別企画!世界にひとつだけのパッケージを作ろう!

わくわく親子セミナー! in パケマツ


(写真はイメージです)

 

こんなんやりたい。

将来を担う子供たちに「パッケージの可能性」を知ってほしいし、

まるで自由研究のような、そんな親子で楽しめるセミナーを開催したい。

 

以前開催された山のせさんの「食育セミナー」みたいな感じで。

 

今年はこんな理想の親子セミナーが実現できますように。